八丁目の夕日

8月15日 - しんじくん

2019/08/15 (Thu) 09:17:38

 暑さはピークを迎えているようですね。

 終戦の日、大切に過ごしたいです。
 いろいろ反省しながら……

Re: 8月15日 - しんじくん

2019/08/15 (Thu) 11:09:03

 おかみやさん、ご感想待ってます。

Re: 8月15日 - 遠藤凡作

2019/08/15 (Thu) 12:45:57

 調子はいかがですか。
 
 今日は太平洋戦争が終わった日です。
 この日に、台風10号が四国に上陸しました。
 この影響で、徳島県などでは大雨になったようです。
 鉄道や飛行機も、一部で運休になったりしたようです。
 帰省から、一日早く帰ってきた人も多いようです。
 東京も午前中に、ひとしきり、強い雨が降りましたが、今は晴れています。

 昨日は、あやめ介護センターの方が、台所の掃除に来てくれました。
 お陰で、前よりきれいになりました。

 話の続きを考えています。
 まだ、便箋には書いていませんが。
 今日も、書きたいと思っています。

 今朝6時現在の最高血圧146 最低血圧95 脈搏61。

Re: 8月15日 - まっちゃん

2019/08/15 (Thu) 17:11:04

中身の無い書き込みだと思わないんですか???
しんちゃんは台風の情況報告を求めたと読んだのですか???
テレビの実況と同じ書き込みしてどうする、、ばかかお前は
台風や鉄道の情報はお前の書き込みよりテレビのが正確だ
終戦記念日に何を思うかを聞いていると読めないんですか???
ほんとバカ

Re: 8月15日 - しんじくん

2019/08/15 (Thu) 19:41:35

 しっかりしてくださいな、オカミヤさん……
 情けないですよ……

Re: 8月15日 - 遠藤凡作

2019/08/15 (Thu) 19:47:33

 まず始めに、書き込みを声に出して3回読まないで、誠に申し訳ありませんでした。
 それに、約束を守らないですみませんでした。
 自分で言ったことなのに。
 それだから、今、約束を守る、と書いても、簡単には信じてもらえないでしょう。
 それほどに、自分が犯した罪は重いと思います。

「中身の無い書き込みだと思わないんですか???」
 自分でも、中身のない文章だと思います。
 その原因は、書き込みを真剣に読んでいないからです。
 真剣に考えようとしないで、上っ面で読んで、返事をしようとするから、いつでも、検討違いで、的はずれな返事になってしまうのだと思います。
 これを改めるには、メッセージを声に出して3回以上読むしかないと思います。

「しんちゃんは台風の情況報告を求めたと読んだのですか???」
 そうです。
 こうなった原因は、上に書いた通り、真剣に一字一句、声に出して読んでいないからだと思います。

「終戦記念日に何を思うかを聞いていると読めないんですか???」
 申し訳ありませんが、そうは思いませんでした。
 これから、終戦記念日を迎えての感想を書きます。

 第二次世界大戦に突入したのは1945年12月8日です。
 始めは、日本軍は、破竹の勢いで、真珠湾を攻撃し、大きな勝利を収めました。
 でも、それは、最初のうちだけで、米軍の爆撃機が本土に侵入してきて、焼夷弾を落としていきました。
 その結果、日本人は、「戦争に負けるのではないか」と思うようになりました。
 でも、それを口に出しては言えませんでした。言えば、非国民扱いされるから。
 これにより、民間人にも大きな被害がでました。
 最も多く被害を受けたのは、沖縄の人達です。
 ひめゆりの塔事件も起きました。
 この事件は、うろ覚えです。
 いい加減なことしか書けませんから、今日は、書きません。
 昭和20年3月だったかな。深川に米軍の爆撃機が来襲し、焼夷弾により、火災が起き、沢山の犠牲者が出ました。
 更に、広島と長崎に原爆が投下され、ここでも多くの犠牲者が出ました。
 誰だったか、覚えていないのですが、「原爆が投下されたから、早く終戦を迎えることができた」と話した人がいるようです。
 これも、うろ覚えなので、もし、違っていたら申し訳ありません。
 この発言が事実なら、あまりにも酷い発言だと思います。

Re: 8月15日 - まっちゃん

2019/08/15 (Thu) 20:15:51

ああ ここまで頭悪いとは!!!
戦争の経緯はお前が書かなくても知ってます
経緯を説明する意味が分からん
何を思うか、、もっと真剣に答えろ ボケ
感想を書きますと言っておきながら、、大半が経緯しか書いてない
書き直せ

Re: 8月15日 - 遠藤凡作

2019/08/16 (Fri) 01:00:07

 今日も、夜遅いのに、起きていて下さってありがとうございます。
 あれから一時間ばかり、ぼんやりしていました。
 すぐに取りかからないで、申し訳ありません。

 戦争について

 キリスト教、仏教、イスラム教の人々はみんな、平和の大切さをよく知っているはずなのに、どうして、戦争がなくならないんだろう。
 マタイによる福音書の5章9節に、
「平和を実現する人々は、幸いである。その人たちは神の子と呼ばれる」
 と、書いてあるのに。

 他方、同じ聖書に「目には目を、歯には歯を」
 と出ています。
 原文に忠実に訳すと「目には目で、歯には歯で」となるそうです。
 このことは、イスラム教のハンムラビ宝典にも出ています。
 私は、昔、イスラム教の「クルアーン」を買ったには買ったのですが、殆ど読まずに、どこかへなくしてしまいました。
 報復を正当化するのではなく、「目をつぶしてしまった罪には自らの目で償う」「歯を折ってしまった罪には自らの歯で償う」という感じのではないか、とも思います。
 そして、さらにこの言葉を発展させたのがイエスですね。新約聖書から引用します。
「あなたがたも聞いているとおり、『目には目で、歯には歯で』と命じられている。しかし、私は言っておこう。悪人に報復してはならない。誰かがあなたの右の頬を打つなら、左の頬も差し出しなさい」
 もう一つ、マタイによる福音書の10章35節を引用します。
「わたしが来たのは地上に平和をもたらすためだ、と思ってはならない。平和ではなく、剣をもたらすために来たのだ。」
 この聖句は、きっと、深い意味があるのでしょう。
 信仰の浅い私には想像もできませんが。
 オウム真理教の人がこの言葉を曲解して、地下鉄サリン事件を正当化しようとしたら、それこそ論外です。
 私には、オウム真理教を批判する資格はないのですが。

 もう一つ、聖書の言葉を引用します。
 ローマの信徒への手紙12章19節です。
「愛する人たち、自分で復讐せず、神の怒りに任せなさい。「『復讐はわたしのすること、わたしが報復する』と主は言われる」」
 この言葉を考えると、やはり、人間や国が、他の人や国に報復することは間違いであろうと思います。
 この意味で、戦争は、間違った行為であると思います。
 ある偉い人が、次のような意味のことを言っていました。
「人が、一人を殺したら犯罪であるが、沢山の人を殺したら英雄」であると。
 これも、うろ覚えですので、あてにはなりませんが。

Re: 8月15日 - まっちゃん

2019/08/16 (Fri) 02:20:53

 終戦の日、大切に過ごしたいです。
 いろいろ反省しながら……
ご感想待ってます

何ピントはずれな事ばかり書いてるんだ
別の言い方すると この日に何を思うかって聞いているんだよ
同じ事何度も言わせるな
引用無しで書いてみろ

Re: 8月15日 - 遠藤凡作

2019/08/16 (Fri) 03:39:50

 私の父親のことを話します。
 と言っても、どこに住んでいて、どこで仕事をしていたかもわからないのですが。
 父は無口で、自分のことをあまり話したがらない人でした。
 父親宛に、赤紙(つまり、軍隊への召集令状)が来て、父親は、日本軍に入隊しました。
 父が話したところによると、中国の北京に近い、ある町に配属されたとのことです。
 町の名前は河北口だったか張家口のどちらかであったと記憶しています。
 父親は、中国軍に捕虜として連れていかれたようです。
 そこで、中国軍の秘密を知って、逃げ出し、配属されていた町に戻ってきたようです。
 が、この辺もうろ覚えです。
 中国で終戦を迎え、列車で日本に帰ってきたようですが、この辺の事情は、父から聞き出すことはできませんでした。
 父親以外にも、軍隊に連れて行かれた親戚がいました。
 この人は、空軍で、飛行機に乗っていて、撃墜されたようです。
 父親が日本に帰ってきてからどのくらい時間が経ったかはわかりませんが、お見合いの話が持ち上がりました。
 相手は、栃木県の安蘇郡に住む農家の女性です。
 結婚してしばらくは、江戸川区小松川の長屋に住んでいたようです。
 その長屋で私が産まれました。
 母親の話によると、私は、産声をあげなかったようです。
 小さい頃から体が弱かったことは、前にも話しました。
 当時は、米も自由には買えませんでした。
 暫くして、弟が産まれました。
 弟は、丸々と太っていて、元気に産声をあげたそうです。
 食べ物があまりなかった頃に産まれた私とは大違いです。
 祖母の話によると、着るものを売って、それで食糧を買ったようです。
 ですから、貧乏でした。
 父親は、日本銀行に就職しました。
 いつ頃就職したかは、父親の口から聞くことはできませんでした。
 そこへ行くと、弟は、恵まれていたと思います。
 今は、食べる物が豊富にある時代です。
 だけれど、食べ物が乏しかった時代に、両親の世代がが一生懸命に働いたから、今の日本の繁栄があるのだと思います。
 苦しい中、育ててくれた両親に感謝しています。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.